どこでも借りられて、どこでも返せる

持ち運び可能なスマホ充電器のシェアリングサービス



外出中の電池切れを
ChargeSPOTで解消しよう

コンビニ、ショッピングエリア、飲食店、様々な場所に設置が決定しております。
今後は東京都内に限らず、地方都市や観光客が多い場所などにも展開します。
国内のシェアリングに限らず、ChargeSPOTは日本で借りて、
海外に返すなど国境を超えたシェアリングサービスとなっております。
海外では、香港とタイに展開しております。

まずはアプリをダウンロード

アプリをダウンロード


アップルストア、又はグーグルストアで「Chargespot」を検索してダウンロードをします。

アカウントを登録し、
MYウォレットをチャージする

SMS、又はソーシャルメディアで登録の認証をします。プロファイル写真 (左上にあります) をタッチして、「MYウォレット」でチャージしたい金額を支払います。利用の際はチャージした金額から支払われます。

近くのバッテリースタンドを検索する

現在、バッテリースタンドは3つのサイズがあります。充電器を借りている間はアプリ上に利用されている時間が表示されます。

QRコードをスキャン


バッテリースタンドにあるQRコードをアプリ上のスキャンボタンをタップしスキャンすると、充電器がスロットから出てきます。バッテリースタンドの、横または上から取り出してください。(サイズにより充電器が出てくる場所が異なります)

モバイルバッテリーの使い方


モバイルバッテリーが空の状態から2回ほどフル充電できるバッテリーの容量となっています。充電器には3種類のケーブル、MICRO USB・TYPE C・アップルライトニングが付いています。対応するケーブルをスマホに差し込み、パワーボタンを押すと充電ができます。MICRO USBコードでバッテリーの再充電が可能です。

持ち運びながら充電できるので便利

そのまま同じバッテリースタンドでも返却可能ですが、別の場所のバッテリースタンドでも返却が可能なので、持ち歩きながら充電ができます。アプリ上のマップには借りている間は返却できる場所しか表示されません。

利用料金について

初回利用の際にモバイルバッテリーの保証代金として1,980円(税抜)を預けます。最初の1時間は100円(税抜) 、以降48時間まで追加 +100円(税抜)で使用できます。紛失や破損、もしくは48時間以内に返却をできなかった場合に、端末保証として預けた1,980円(税抜)が徴収されます。決済方法は、クレジットカードとスマホ決済でできます。決済はクレジットカードやスマホ内の決済でもできます。

返却の仕方


返却するのに都合のいい場所のバッテリースタンドに行き、空いているスロットに充電器を差し込むと返却は完了します。利用時間分の料金がウォレットから支払われます。

ニュース

【 2018.12.10 】auスマートパスプレミアム会員限定!ChargeSPOT無料クーポン配布中!

【 2018.11.05 】日本におけるバッテリーシェアリングビジネスの パイオニア「ChargeSPOT」が 「2019年日経トレンディヒット予測」第14位を獲得!

【 2018.10.22 】京橋エリア初!東京スクエアガーデン設置致しました

【 2018.10.18 】有楽町マルイで展開を開始致しました

【 2018.10.09 】在日観光客も使える充電器貸出サービスWeChat(微信)」内のミニプログラムで利用可能に

【 2018.10.02 】ローソン店舗に導入されました ~ ChargeSPOTが 「ローソンでも借りられて、返せる」ようになりました

【 2018.10.02 】ChargeSPOTが新型になりました

もっと見る...

さあ、あなたも使ってみよう